STORY

下北沢が誇る小さくも熱きコロッケ魂が巨悪を駆逐!
コロッケ&演劇のエンターテインメント!

下北沢にあるコロッケ専門店「コロッケ18」。
名物は、陶板を使って熱いものも冷たいものも提供するという日本初の陶板料理専門店。
中でも名物は「陶板コロッケ定食」
というか、メニューはソレしか無い。
そのこだわりを貫き、下北沢の人たちを陶板一筋50年支えてきた名物定食だ。

日本で一番食べられているおかず、国民食コロッケ。
「最高の純国産コロッケを、全下北沢町民に食べさせたい」
店主は、小さいのか大きいのか若干伝わりづらい思い一つを胸に純国産の食材を使い、
高品質なコロッケを提供してきた。

そんなコロッケが、今食べられなくなろうとしている。

現れる巨悪のライバル!最大のピンチ!乗り越えるべき壁!求められる高い技術!
やたらと近い人と人との距離。とにかくすぐ怒鳴り、机をたたき、熱く語り合い、涙する。

町民一致の悲願が、今奇跡を巻き起こす…

CAST

宮内勇輝

宮内 勇輝

真帆

真帆

篠原 友紀

篠原 友紀

工藤 優太

工藤 優太

清水洋介

清水 洋介

フルタ ジュン

フルタ ジュン

TIME TABLE

4月16日(土) 12:00 14:00 16:00 18:00
4月17日(日) 12:00 14:00 16:00 18:00
4月16日(土) 12:00 14:00 16:00 18:00
4月17日(日) 12:00 14:00 16:00 18:00
  • 開場&開演が上記時刻となります。ご予約の上、定刻にお越し下さい。
  • 「陶板コロッケ定食」ご提供込みの公演となっております。観劇のみのご来場はご遠慮下さい。
  • 本公演は飲食店舗での上演となります。座席数に限りがございます。ご了承下さい。
  • 作品の上演時間は、ご着席から25分間程度を予定しております。

TICKETS

2,500円

(コロッケ定食代込み)

THEATER

陶板専門 下北沢18
世田谷区北沢2-9-22 EIKO下北ビル 1F
Tel.03-4285-7018
※下北沢駅南口より徒歩2分

下北沢コロッケフェスティバル

コロッケフェスティバルとは?

ファッションや音楽など様々な文化の魅力を持つ下北沢は、グルメの街としてもその魅力をテレビ番組や雑誌などのメディアで取り上げられ、多くの人々に愛され続けています。
下北沢コロッケフェスティバルは、そんなグルメで有名な下北沢の、様々なジャンルの飲食店がオリジナルのコロッケを開発して提供します。“いまだかつて食べたことない”、“この先も食べることが出来ない”希少なコロッケが見つかるかもしれません。期間限定の特別なコロッケフェスティバルを是非お楽しみください。

→ 下北沢コロッケフェスティバル 詳細はこちら

ABOUT SFF

演劇/映像/イベント/文筆など多岐に渡るジャンルで創作を展開するプロデュース・ユニット。2014年 『嘘は、検索できません。』、2015年 『うっぷん』という2つのコンセプトの異なる一人芝居舞台を上演し、高評価を得る。

STAFF

企画+仕掛け+ネタ|高柳景多 音響|前田マサヒロ 写真|木村健太郎  撮影|矢島裕次郎 映像+CG|谷畑恭子/板垣洋好 ENDテーマ|「下北コロッケ」 作詞・作曲 新妻由佳子/編曲 岸健二 音響効果|佐藤卓嗣/田口弘記 アートディレクター|福田泰隆 VTRディレクター|近藤彩乃 制作|積田絵美/小口幸裕 デスク|成田知佐 料理監修|島田篤志 特別協力|米谷昌泰/田中和樹 英語監修|ネルソン・バビンコイ 協力|下北沢コロッケフェスティバル/dotframe/劇団フルタ丸/デジデリック/ふなや278/陶板料理専門店 下北沢18 舞台プロデュース|松田誠 製作|SFF